2022/10/30
受験クラスでは、自分のこれまでの体験と、そこから得た学び・考えを書いています。 この学びは、内容的に、受験校の理念とつながるものであることが大切です。 言葉の森では、「普段の受験作文の練習は、体験実例や表現や意見のストックを作っておく練習」と説明しています。 以下、言葉の森のホームページから引用します。中根先生、お願いします。...
2022/10/18
ただいまどのクラスも満席のため、しばらくの間、新規体験教室はお休みさせていただきます。来年2月に再開します。よろしくお願いします。

2022/10/17
「こわくて、たのしいスイスの絵本展」(アサヒビール大山崎山荘美術館)に行ってきました。 スイスにゆかりのある3作家、クライドルフ、フィッシャー、ホフマン、の原画やリトグラフ、手描き絵本などが展示されています。 この展覧会の魅力はなんといっても、時計の針を一気に巻き戻したように、懐かしい思い出の中にひきこまれるところ。...
2022/10/04
作文や意見文で、自分の意見に説得力を持たせてくれるのが、自分自身の体験実例です。 入試では「これまでのあなたの体験にふれながら、具体的に書きなさい」のように指定されることも多いですよね。 さて、この体験実例ですが、意見にぴったりの体験を見つけるのが難しい!体験実例を書いてみたら、意見とポイントがずれてる⁉ということ、結構あります。...

2022/09/30
作文を書くとき、一文を短くすることで、読み手に分かりやすい文になります。 一文が長いと、意味が取りづらくなるし、主語と述語のねじれもおこりやすくなりますよね。 基本は50文字。50文字以内で、長めの文、短めの文を織り交ぜていくのがベストです。 受験クラスでは、作文を書き出す前に、 「一文は短めに、50文字こえたら→分割」 と説明しています。...
2022/09/27
今週は、読書紹介をしています。 Aちゃんが「大ピンチずかん」という本を紹介してくれました。 世の中のいろんなピンチが、レベルをつけて紹介されています。 たとえば、 レベル6 テープのはしが見つからない、 レベル25 洗濯機のうしろに靴下が落ちた、 レベル74 トイレの紙がない、 栄えあるレベル100は、どしゃぶりなのに…など。...

毎日書いてみる?
2022/09/26
こんにちは。 毎日少しずつ、秋らしくなってきますね。 今日は秋にふさわしい、4文日記へのいざないです。 私も文章講座に通っているのですが、 その師匠から、なんと、4行日記をすすめられました。 師匠のおすすめする4行日記は、以下の通りです。 ☆4行日記 主なできごと 思ったこと 気に入った言葉 明日やること 文章講座、最後の授業日でした...
作文は準備七分に腕三分
2022/08/28
料理の世界に「材料七分に腕三分」 という言葉があります。 料理する腕前が良くても、材料が悪ければ、 どうにもならない、という意味です。 作文も同じです。 材料集め、つまり、書く前の準備が、 作文を味わい深くするのです。 準備をすると、材料が豊富になる。 その材料を組み合わせて書く。 すると、読み応えが深まる。 これが作文上達のコツです。...

人を励ます
2022/07/12
先週の課題は 「悩みに答え、励ます手紙を書く」 生徒さんから寄せられた悩みに、 生徒さんが回答しました。 (匿名です♪) その手紙ですが 多くの子が、共感から入っていました。 「ぼくも、その悩みをみて納得しました。ぼくにも、妹と弟がいます。」...
夏休み「読書感想文を書こう」教室のお知らせ
2022/06/25
「夏休み・そらまめの会」読書会のお知らせ 梅雨が明けたら、夏休み! 「読書感想文を書こう」 (読書感想文教室)を開催します。 教室に通っていない方も、どなたでも、 ご参加いただけます。 今回の読書会は、夏休みの宿題「読書感想文」 を書こう、という会です。 日にちごとに、課題の本を指定しています。 みんなで同じ本を読み、...

さらに表示する