夏休み「読書感想文を書こう」教室のお知らせ
2022/06/25
「夏休み・そらまめの会」読書会のお知らせ 梅雨が明けたら、夏休み! 「読書感想文を書こう」 (読書感想文教室)を開催します。 教室に通っていない方も、どなたでも、 ご参加いただけます。 今回の読書会は、夏休みの宿題「読書感想文」 を書こう、という会です。 日にちごとに、課題の本を指定しています。 みんなで同じ本を読み、...
幸せの条件
2022/05/26
世界幸福度ランキングによれば、 日本の幸福度は 先進国では最低ランク、だそう 幸せを決めるものってなに? そもそも、幸せってどうやってはかるの? 昨日の教室では 自分にとっての幸福の条件を3つあげ 作文を書いてもらいました。 みなさんの作文から 「幸福の条件」紹介します ①世界中の人が安心して暮らせること ②家族といっしょに暮らせること...

絵にお話をつける
2022/05/25
昨日の教室の一コマ 自分で選んだ「文字のない絵本」に 物語をつけました。 絵を見て こんなお話がわいてくるんだね、 わぁ~おもしろい! いつも控えめなAちゃんが1番に、 「 先生、わたし、お話作れたよ、 最後まで作れたよ! 」 「 書くの楽しかった! 」 すごいね、良かった~!! 近頃めきめきと書けるようになってきたB君。...
「ミイラ展」…ミイラ取りがミイラになる
2022/04/05
 4月3週の課題作文クラスは、 「ミイラ取りがミイラになる」の感想文です。 どんなお話かというと、 ~ ことわざの解説にはじまり、 なぜミイラが作られたのか、 危険を顧みずミイラ取りにいく人が あとを絶たなかったのはなぜか、 ということが、説明されています。 さて、感想文では、 自分の「にた話」や、 もし~だったら、と想像した話を考えていきます。...

作文クラスの予習方法
2022/04/01
今日から4月、新しい年度がはじまりました。 🌸ご入学、ご進級おめでとうございます🌸 喜びの春、到来ですね。 ことのは塾でも、4月から新学期のクラスが始まります。みなさんと勉強することを楽しみにしています。 そこで本日は、作文クラスの勉強方法について説明させていただきます。 …… 小学1、2年生は、毎週、自由な題名で作文を書きます。...
春休み作文教室(そらまめの会)
2022/03/30
昨日は、春休み特別教室(そらまめの会)を開催しました。 午前中は、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』読書会です。 はじめに、一人ずつ、印象に残った場面を。 心に残った場面も、そこから感じることも、みんなそれぞれ違っていて、 ほかの人の話を聞いて、本への理解が深まったね。 それから、 エンパシーって?  シンパシーとのちがいは?...

「エンパシーとシンパシー」ディスカッション&作文の会
2022/03/14
春休み中(3/29)にそらまめの会(ディスカッション&作文の会 )を開催します。 今回の課題図書は『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』。生徒さんからのおすすめで、この本に決定しました。 イギリスに住む日本人の著者(母)と、中学生の息子(ぼく)との日常を記したノンフィクション作品です。...
作文は直して上手になるものではなく、膨らませて上手になるもの 
2022/02/26
作文教室『言葉の森』ホームページの記事を紹介します。(ことのは塾は、言葉の森の教材を使用しています。) 「作文は直して上手になるものではなく、膨らませて上手になるもの」  作文は、直せば、ほんの少しは上手になります。 しかし、上手になるのは、元の作文の土台までです。 土台以上に上手にする直し方はありません。...

今月の、生徒さんが読んだ本
2022/02/24
生徒さんたちが読んだ本の一部を紹介しています。面白い本を読んで、どんどん教えて下さいね。 『あまがえる先生 ミドリ池きゅうしゅつ大さくせん』 表紙の絵にひかれて読んだ、と話してくれました。ミドリ池は、新潟中越地震に遭遇した実在の池だそうです。 『けいてぃ』 「ぼくも読んだことある~」「わたしも」、みんなのお気に入りの本です。...
芦屋国際中等教育学校、合格おめでとう
2022/02/17
今年度、芦屋国際中学に合格したMさんとYさんが教室に遊びに来てくれました。 後輩の皆さんへメッセージをいただいたので、掲載します。 🌸Mさん 「合格がわかったときの気持ちは」 合格を実感するのに、2日か3日かかりました。 「受験勉強で工夫したことや、心がけていたこと」...

さらに表示する