クラス案内


自由作文クラス(小学1~2年生対象)

のびのびと楽しく書いて、書くことが好きになる、が目標です。

 

毎週、自由な題で作文を書きます。段階に応じた「項目」を取り入れて書く指導で、書くことに慣れ、正しい文章を書く練習をしていきます。

読書を習慣化してほしい、本を好きになってもらいたいという思いから、読書・音読の指導にも力を入れています。基本的には好きな本を読むのがよいです。月に1度、読書紹介の作文を書き、発表します。

ひとクラス3名まで、ひとりひとりに目が行き届く少人数クラスで、着実に進めます。

 

主な課題:自由作文・お話作り・読書紹介など 

 


課題作文クラス(小学3~6年生対象)

自分の思いを言葉にして、相手に分かりやすく伝えることが目標です。読み手に伝わるように書く力を身につけましょう。

 

作文教室「言葉の森」の教材を用い、毎週決められた課題で書きます。感想文にも挑戦します。教材として用意されているさまざまな分野の文章を読み、構成を考えながら文章を書く練習です。

語彙力・読解力・表現力を身につけるために音読・読書の指導もしています。毎日5分程度、繰り返し音読をする宿題を出し、教室でも音読をします。月に1度、読書紹介の作文を書き、発表しています。ひとクラス4名までの少人数指導です。

主な課題:課題作文・感想文・読書紹介など

 


中学受験国語クラス(小学4~5年生対象)

国立・私立中学の合格を目指し、さらに国語力をつけたい方が対象です。

 

作文教室「言葉の森」の教材を用い、作文・感想文を書きます。課題文を精読し、要約に取り組みます。また、読解力を向上させる目的で、問題集読書をおこないます。生徒さんの状況にあわせながら、丁寧に進めていきます。

 

『国語の問題集を解くのではなく、読む力・書く力をつけて国語力を伸ばします』

国語の勉強というと、誰でも問題集を解くような勉強を連想します。しかし、国語の問題を解いても国語の力はつきません。なぜかというと、問題集を解いてできた問題は、もともと何もしなくてもできた問題ですし、できなかった問題は、読み取る力がなくてできなかった問題ですから、次回もできないからです。問題の詳しい解説を見ても、解説が理解できた気がするだけで、実際には問題を解く力はつきません。国語の力は、文章を読む練習をする中でついてきます。「言葉の森」の勉強は、感想文を書くために長文を深く読み取る練習をします。そのため、書く力をつけることがそのまま読む力をつけることにつながり、国語力がついてくるのです。 


芦屋国際中受験対策クラス(小学6年生対象)

芦屋国際中等教育学校の傾向に合わせた指導、受験学年が対象です。

生徒さんの状況に応じ、毎週オリジナルの課題を使って進めていきます。志願理由書や面接の対策も行っています。

少人数クラスで、丁寧に1人ひとりを指導し、合格を目指します。


中学生クラス

言葉を用いて明快に表現したり伝達したりする力をつけることが目標です。


論理的で説得力のある意見文の書き方を学びます。「なぜ」「どうして」と、主題をより深く考える姿勢を重視しています。課題文を読み、思考をめぐらし、自分が一番いいたいことを発見する。それを自分らしく外に向かって発現し、具体的かつ客観的に伝わる文章を書いていきましょう。 

 

個々に応じた個別指導が中心です。学校の課題、内部進学のための作文、受験対策など。通信・対面とも対応しています。 日時・費用についてはお問い合わせください。 


授業の流れ


小学生クラスは、次のように授業を進めています。

 

1.毎回の授業のはじめに、読書ノートの確認をします。音読もします。

2.作文で準備してきたことを発表します。

3.先生といっしょに、書く内容、表現、構成などを整理・確認します。

4.作文を書きはじめます。

5.作文を書き上げたら、読み返してから、先生に提出して下さい。よいところを中心に個別に講評します。